結婚式のプロフィールビデオ

結婚式の衣装替えの間、参列者の皆さんに見ていただくようになにか映像を流したいと思いました。結婚式場のプランでいくつかプロフィールビデオを作成して流していただくものがあったのですが、どれも高額でお願いするのをためらっていました。すると友人がパソコンと写真があれば簡単なものなら自分で作れるよと教えてくれたので、両方の実家から自分たちが小さい時からの写真を集め、画像を取り込み作ってみることにしました。ソフトもパソコンにもともと入っているムービーメーカーを利用したり、フリーソフトもあるらしく、費用もかからずにできそうでした。もちろんプロに頼むような立派なものではないですが、自宅でできるのでじっくりとコメントを考えたりする時間もあり、二人で作った思い入れのあるものになりました。またこれで簡単に作れることがわかったので、娘が産まれた時にも一歳までの軌跡をお気に入りの音楽とともに作りいい記念になりました。

プロフィールビデオを作成

私は結婚式の際に、プロフィールビデオを作成したことがあります。全てを結婚式場にお願いしても良かったのですが、結婚式にかかる費用を抑えたいと思い、自分達で出来るものは、全てやりました。その中で、一番、時間がかかったのが、プロフィールビデオです。まずは、自分達の赤ちゃんの時からの写真を揃えました。そして、お互いが付き合ってからの写真も用意。今まで、いっぱい写真を撮っていたので、集めるのは簡単でした。あとは、自分達が好きな音楽も用意。そして、プロフィールビデオを作成できるソフトをダウンロードして、作成いたしました。仕事もしながらだったので、二週間ほどかかってしまいましたが、自分たちが納得できるものが出来たと思います。それを結婚式の当日に来てくださった人達に披露しました。とても好評でした。結婚した後も、記念日などでそれを見ております。一生の宝物です。

友人のプロフィールビデオに映る

友人の結婚式の時に、プロフィールビデオが流れました。小さい時からの知り合いなので、その友人のことならなんでも知っております。そして、そのプロフィールビデオの中に、私の恥ずかしい写真が映りました。学生の時に球技大会があり、その賞状をもらう時の写真です。友人と私が全校生徒の前に立ち、受け取っているのですが、二人とも恥ずかしがり屋だったので、ニヤニヤしながら、下を向いている写真です。卒業アルバムにも載っていて、他の友人から笑われた一枚。それが、今度は大きなスクリーンで流れました。笑い声も聞こえ、少し恥ずかしかったです。ただ、私たちにとっては思い出の大事な一枚なので、私だけは感動していました。ちなみに、私の結婚式でも映した写真です。お互い、この写真のことは今でも話します。あまり、人のプロフィールビデオで感動したことはないのですが、この時ばかりはなぜか涙が出そうになりました。